セレック治療CEREC SYSTEM
患者さんの体質や状態に合わせた最先端の診療が受けられます。患者さんの要望に応じて、細かな検査などを実施することも、新しい医療技術や医薬品に挑戦することも可能です。
歯は一生モノです。だからこそ妥協せず自分に合った治療が必要となってきます。
当院では虫歯治療としてセレックのセラミック治療が受けられます。保険治療と一体何が違うのか?をご紹介いたします。

保険診療

金属治療(メタル治療)の特徴

メタル治療

細菌が付着しやすい

金属には細菌が付着しやすいので、しっかり歯磨きをしないとお口の中が不衛生になってしまいます。
また、歯と金属を固定するセメントが溶け出すこともあります。
メタル治療

金属アレルギーの原因に

金属イオンが少しづつ溶け出し、蓄積されて人によっては金属アレルギーの症状が出る場合があります。
見た目は白い被せ物の歯でも、被せ物の土台が金属の場合があります。

被せ物の中が金属の土台の場合、メタルタトゥーの症状が起こる恐れがあります。金属イオンが溶け出すと、溶けたものが蓄積されて人によっては歯ぐきが黒ずんでしまいます。メタルタトゥーは治療しても改善されないことが多いと言われています。
再発リスク

むし歯が再発するリスクが高い

被せ物は歯と金属の間にセメントを盛り付けて固定します。セメントは噛み合わせの力や時間が経つにつれて少しづつ壊れていくので、隙間ができることが多く、その部分から虫歯になることがあります。

また、被せ物は虫歯になる度に削り直すのでどんどん大きくなります。
虫歯を繰り返していくと治すことが難しくなり、最終的には自分の歯を抜くことに…
メタル治療

歯茎が瘦せていく…

様々な原因(歯周病、奥歯がない、歯ぎしり、磨き過ぎなど)で歯ぐきの状態が悪いと歯の根元が見えてくることがあります。

金属の歯は目立ちやすい

顔の中で視線が集まるのは目元と口元。
金属の歯が気になって不自然な笑い方をしていませんか?せっかくお洒落して出かけても、笑った時に金属の歯が見えてしまったら魅力が半減してしまうかも…

プラスチック(レジン)治療の特徴

プラスチック治療

着色しやすい

プラスチックのスプーンでカレーを食べると黄色くなるのと同じように、プラスチック(レジン)は吸収しやすいので、時間とともに着色してしまいます。治療した箇所だけ黄ばんでいては清潔感が失われてしまいませんか?
プラスチック治療

天然の歯と硬さが違う

プラスチック(レジン)の歯は天然の歯と硬さが違うので一緒に擦り減ってくれません。
隙間ができたところから虫歯が再発
しやすくなります。
プラスチック治療

大きな虫歯には不向き?

プラスチック(レジン)治療は大きな虫歯の治療に適さないことがあります。
虫歯を繰り返すとプラスチック(レジン)治療で治しきれなくなり、金属の被せ物を何度か交換した後、歯を抜くしか無くなってしまいます。
プラスチック治療

歯茎が瘦せていく

様々な原因(歯周病。奥歯がない、歯ぎしり、磨き過ぎなど)で歯茎の状態がよくないと歯の根元が見えてくることがあります。

セラミック治療

セラミック治療の特徴

セラミック治療

金属を使わない

金属を使わないから金属アレルギーの心配がありません。
セラミックは身体に優しい素材です。
セラミック治療

一本約1時間で治療完了

ほとんどのむし歯治療が1回の通院で済みます。
不快な型取りもなく、お口の中をスキャンするだけ!セレックがその場でセラミックの歯をつくり出します。
セラミック治療

虫歯になりにくい

歯とセラミックを接着剤で固定するのでむし歯の原因のひとつである隙間ができません。

また、天然の歯と同じ硬さだから一緒に磨り減ってくれます。
噛み心地がとても自然で、耐久性が高く、身体に優しく負担をかけません。

さらには、セラミックに細菌が付着しにくいのでむし歯になりにくく、衛生的です。
特にセレックのセラミックは粒子が細かいので表面がとても滑らかで、舌で触れるとツルツルしています。
セラミック治療

キレイな歯とキレイな口元で思いっきり笑おう!

笑ったときにちらりと覗く銀歯、気になりますよね。セレックのセラミック治療なら歯の見た目を美しくし、なおかつ健康なお口にするための治療です。歯の印象は、あなたの印象に深くかかわります。ぜひセレックのセラミック治療で健康で快適な毎日を手に入れてください。